デッサンと言う礎

白黒と中間色に|明度とコントラスト

ギュスターヴ・クールベからコントラストを学ぶ

白黒と中間色に

ギュスターヴ・クールベから学ぶ

下の画像は、ニューヨーク「メトロポリタン美術館」に展示されているギュスターヴ・クールベの自画像です。タイトルは『The Desperate Man(必死の男)』です。

上の画像をご覧ください。かなりコントラスト(明度の差) がはっきりしている絵です。ギュスターヴ・クールベの絵の特徴でもあります。この特徴により、写実的な絵がより力を増しています。

私たちは、絵にしようとする対象物を描きすすめていくために、絵画画面に秩序を生む、なんらかの要素を利用する必要があります。その秩序を生む要素として明度によるコントラストがあります。この要素を利用して、絵画やデッサンに秩序をもたらしてほしいと思います。

絵画を模写して疑似体験をする

ここでは絵画やデッサンに描かれる対象の明度(明度差)を大きく捉えることで、描かれたものに秩序が生まれることを理解してほしいと思います。

上の絵画の明度は、すでにギュスターヴ・クールベによって、秩序づけられたものです。その明度について、画家自身がどのように秩序づけたのかを疑似体験してみます。

そこで、この絵を黒、白、中間色に分けていただきたいと思います。まず、用紙と鉛筆を用意していただき、大雑把でいいので簡単に絵を写し明度を黒と白と中間色の3つに分けてください。大きく明度を3つに分けることで絵の存在感は強くなり、そうでない絵と比べて説得力が増していきます。

分けていく際に、目を細めて絵を見ると、大きな明度差を認識することができます。

  1. 白黒と中間色に!
  2. 黒は黒、白は白
  3. さらに明度を分割する
  4. アンドリュー・ワイエスの絵画から見える明度とコントラスト
  5. 明度とコントラストを考える上で参考になる本
  6. 記事 TOP
  7. デッサン描き方と基礎技法 TOP

デッサン描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP