デッサンと言う礎

マッスとは?|マッスと量感について

マッスや量感は美術では体積や容積を感じさせることを意味するが一義的ではない

美術界でいうマッスと量感

直訳するとmassマッス=(定まった形のない)塊。辞書で調べるともっと多くの定義がされていて、この言葉の多くの意味から様々なことを感じ取ることが出来ます。是非辞書で調べてほしいです。

美術では体積や容積を感じさせることを意味することが多いですが一義的に考えてはなりません。美術界では体積や容積、重さを感じさせる色や形について量感が有る、量を感じるなどと言うことが多いです。ここに重さを感じることに質感がマッスには内包されていることがわかるでしょう。

つまり、マッスは大きさや重さだけでなく、何らかの質感を同時に見せることができます。

マッスは造形における一つの要素

マッスを造形要素に組み入れるためには、まずモチーフ(対象物)を観察しなければなりません。そこには、モチーフの様々な要素や質感が見えてきます。色、ふくらみ、重さ、強さ、硬さ、味、におい、明るさ、鮮やかさ、光、個人的な感情などです 。

色んな要素が見えてきて、混乱することが表現の妨げになりますが、 まずは体積、容積だけを取り出して考えてみることが簡単だと思います。

決してマッスを表現することが絵画、造形物において重要であるとは限りません。それは、表現しようとするテーマ、雰囲気などの狙いによるということです。

ふくらみを体感する

さて、今回マッスを表現するため、何か単純なモチーフを用意してください。単純なものであればボールなどの球体がいいと思います。その用意されたモチーフの 体積、容積を感じさせるように、まず平面である画面(画用紙)にふくらみを与えてデッサンしてみましょう。その他、様々な要素を感じるでしょうけれども、今回はそれを無視してふくらみという立体感を画面に与えてください。

その作業が出来たら、次のページで解説します。

  1. ■Page01…マッスとは?
  2. ■Page02…マッスのニュアンスへ
  3. ■Page03…マッスにおける表現描写
  4. <<<デッサンの描き方と基礎技法

デッサンの描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP