デッサンと言う礎

マチエールと質感

デッサンにおいて、ただの技法に陥らないマチエールを追及してイリュージョンを実現する。

主な内容

絵画では画肌に見られる肌合いや光沢の状態を指してマチエールといいます。デッサンにおける基底材と描画材の選択だけでもマチエールに変化を与えます。

  1. マチエールとは
  2. マチエールから絵画としてイリュージョンを起こす

テーマに従って描かれたマチエールは独自の技法を伴います。しかし、技法や技術優位で作られる質感はデッサンや絵画としての質感から逸脱します。

  1. マチエールに変化を与える描写
  2. マチエールと質感の新たな発見
  3. 新たなマチエールへの試行錯誤
  4. 一貫したテーマからできる質感

マチエールは自分の形と色が反映されることで、デッサンや絵画としての絵画空間と質感へと変化して、画面のミクロの範囲まで浸透します。

  1. マチエールを自分の形と色へ反映させる
  2. マチエールの実験からデッサンへ
  1. 絵画におけるマチエールとは?
  2. 新しいマチエールと質感を表現する
  3. マチエールと質感の原点を考える

目次

PAGE TOP