デッサンと言う礎

構成とは?|平面構成のヒント1 構成とは…

ものを置いたり、配置することで生まれる構成について考えてみる

デザインにとっての構成の考え方!?

さて、構成とは一体どのようなものなのでしょうか?漠然には分かっていても、構成はあらゆるジャンルの中で日常的に使われており、人それぞれに定義が若干違ってくるでしょう。構成から連想する言葉としては、構築する、設計する、デザインする…などいろいろありそうです!

構成とは地面の上に一個の石がある。水に流され運ばれてきたとか、火山の噴火で吹き飛ばされてきたといった状況であれば、自然であって構成とはいわない。その石を拾って、自分の好きな場所に置いたとすれば、それは立派に構成と呼べる。つまり、構成とは人が意識的にものの配列を行うことである。構成の原点は意志を持って、物を置くことである。…中略…構成の発生的観点からすれば<ある目的のためにある素材を組み立てる>ことが構成である。従って、平面、立体、空間などそれぞれの構成があることになる。組み立てる素材を構成エレメントと呼んでいる。構成と呼ぶには条件がある。その条件とは(1)何のための構成か目的がある、(2)構成エレメントがある、(3)構成する技術がある、という3つである。目的は意志という言葉に置き換えてもよい。しかし、条件のいずれが欠けても構成は成り立たない。構成を計画的に行えば、それがデザインである。
視覚表現コンピュータ時代のベーシックデザインより引用】

上の引用からさまざまな構成のヒントがあると思います。この言葉はデザインをすることを主に執筆されているがもちろん造形全般にも必要かつ不可欠な言葉となってきます。デザインと自己表現の違いがここからどのように派生してくるのかを考えていきたいと思います。

  1. ■Page01…構成とは?
  2. ■Page02…デザインの構成と制作
  3. ■Page03…自己表現としての構成と制作
  4. <<<デッサンの描き方と基礎技法

デッサンの描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP