デッサンと言う礎

石膏デッサンは必要か?|石膏像のデッサンについて

石膏像をデッサンすることで絵画を描くための能力を伸ばす

石膏デッサンと美大・芸大入学試験

石膏デッサンの不要論は、以前からあるようです。
特に美術、芸術大学への入学試験で多く論じられているようです。

石膏像という決められたモチーフを描く事は、入学希望者の個々の能力判別の優劣がはっきりするメリットがあります。

しかし、鍛錬を積めば誰でも、大学へ入学できるレベルに石膏デッサンの技能は上がるものの、個々の感性やアーティスト性を伸ばす事を疎かにしかねません。大学では、入学選考の基準が大学入学後の生徒の成長に重要なものとして考えていて、石膏デッサンだけでは、能力判断はできないという結論にあります。

とはいえ、今でも大学の入学試験で石膏デッサンを課題にしている大学は多くあります。それは、デッサンの技術的能力をみていると考えられます。しかし、石膏デッサンを課している大学も、2次試験などでは、生徒自身が持っている特有の能力、アーティスト性を吟味する課題が課せられています。

以上のように石膏デッサンは絵画の独自性、アーティスト性を多くは引き出してくれないまでも、デッサンの技術の鍛錬には役立つモチーフといえます。石膏像のデッサンは、デッサンを上達させてくれるモチーフである事は間違いありません。

このサイトでは、デッサンを学ぶ上で石膏像をデッサンする事をおすすめします。

  1. ■Page01…石膏デッサンは必要か?
  2. ■Page02…石膏像をデッサンするメリットとは
  3. □参考ページ…石膏像の鉛筆デッサン
  4. <<<デッサンの描き方と基礎技法

デッサンの描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP