デッサンと言う礎

クロッキーとは何か?

クロッキーは動きのある動物や人物の描き方を高める最善方法の一つです。時間制限があるクロッキーは対象の本質を瞬時に見極めるためのヒントとなるでしょう。

クロッキーとは

クロッキー(croquis)はフランス語です。その意味は対象を素早く描くこと、あるいは素早く描かれた絵を指します。

クロッキーはスケッチと混同してしまうことがあります。そこでスケッチとの違いからクロッキーについて考えてみたいと思います。

クロッキーはスケッチと比較すると、主に動きを感じさせる対象、動きを伴う対象を描くことが多いです。例えば人物や動物の静止した状態や動いている状態を短時間(20分以内)で描きます。動くことによって変化する対象をどのように短時間で描くことができるか、どのように表現することができるかがクロッキーを行う上では重要です。
(※人物や動物の静止した状態は、動きの連続性の中にある静止と捉えて考えたい)

対してスケッチは静物や風景の印象を切り取るように短時間で描きます。人物や動物と比較すれば物理的な動きは少ないですが、対象の印象は刻一刻と変化します。その時に感じた風景などを印象が変化する前に描くことが要求されます。対象の変化はゆるやかなためクロッキーほど短時間で描くことは要求されない傾向があります。

クロッキーもスケッチも、その場でしか描けない対象にある絵画の要素を短時間で描くことは同じです。しかし、クロッキーは動物的、スケッチは静物的である点で、描かれた絵画から動きを感じさせる前後感に異なる面があります。

以上から、動いているかどうかに関わらず、人物や動物に見られる動きを伴う対象を短時間で素早く描いて表現するのがクロッキーです。

クロッキーの表現性

クロッキーは限られた時間と空間、また作者の手法や目的が影響して作風を変化させます。

長時間で完成させるデッサンや絵画とは違い、短時間で描かなければならないクロッキーは集中力を要し、描写内容が限定的になります。

そのため、何を捉えるべきか!?クロッキーをする際の目的は何か!?など自分なりに考えて設定する必要があります。

例えば人物を描こうとするとき、形や陰影、ふくらみ、動きなどの要素に分解して見ることができます。これらを限られた時間で描く場合、要素を限定する必要があります。そのとき、あなたが何を表現するのかが重要です。

例えば“線を主体として人物の形態と共に人物全体から感じられる動きと空間を表現したい”と考えれば、陰影の要素を省くと良いかもしれません。あるいは“人体の骨格と筋肉の動きについて研究したい”と思えば、線によって骨格と筋肉の動きと構造を描くと良いでしょう。

このようにクロッキーで目的の設定と実行を繰り返して、あなた独自のクロッキーを目指しましょう。

下記は学生が描いた10分間の人物クロッキーで、B3サイズのクロッキー帳に6Bの鉛筆で描いています。線を主体にして、さまざまな要素を探ったそうです。

  • 10分で描いた人物クロッキー061205-small
  • 10分で描いた人物クロッキー061903-small

デッサン上達のためのクロッキー

クロッキーは短時間で対象から要素を抽出して表現した絵画として見ることができます。対象から抽出される要素は、絵画として描くためには必要不可欠で重要なものであることは明白です。

クロッキーで要素を見極めて描く能力が高められれば、デッサンを描く能力は必然的に高められていきます。その際、重要な要素をできるだけ多く取り入れて洗練させることができれば、よりデッサン力を高められます。

クロッキーに多くの要素を取り込んで洗練させるためには、多くの枚数のクロッキーを描く必要があります。多くのクロッキーを描くことで感性と描写力を向上させます。描くうえで特に重要なことは、目的に向かって、はじめは要素を多く取り入れず、集中して描くことです。

要素を限定したクロッキーは、描写力が向上するので、描き切るために必要となる時間が徐々に短くなります。初めは短かった5分間が長く感じられるようになります。このような状態になったら新たな要素を組み込んで描くことを考えます。徐々に要素を増やして洗練したクロッキーが描けるようになれば、それと共にデッサン力も向上します。

  1. クロッキーとは何か?
  2. 人物クロッキーの準備と基本
  3. クロッキーの道具
  4. クロッキーのための参考書
  5. 巨匠が描いた作品からクロッキーを考える
  6. 記事TOP

デッサン描き方と基礎技法-目次