デッサンと言う礎

スーパーデッサン―人物パース篇

人体・美術解剖学|アート・デッサンの本

スーパーデッサン―人物パース篇
スーパーデッサン―人物パース篇

内容(「MARC」データベースより)
迫力ある人物表現の決め手は、下から見上げるアオリと、上から見下ろすフカン。画面に変化を持たせるアオリとフカンの表現、スーパーパースの法則、写真合成法などを解説。基本がわかり、実践にすぐ使える人物パースの決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鶴岡 孝夫
1959年日大芸術学部油絵科入学。1961年銀座竹川画廊個展。1966年東映動画で背景美術監督。1970年モダンアート展入選。1981年社団法人発明学会会員。1982年代々木アニメーション学院美術顧問講師就任。1986年鶴岡プロダクション設立後、株式会社ルーツを設立。1992年土日会会員。2004年代々木アニメーション学院を勇退。2006年銀座光画廊にて油絵個展(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
第1章 驚異的な「スーパーパースの法則」(スーパーパースを始める前に― スーパーパースの法則でわかる「ものの見え方」― スーパー八方眼から「円パース」へ― 人物ひとりからつくられる鏡面パースの世界)
第2章 アイレベルはどこだ(アイレベルが腰の高さなら… アイレベルが目の高さなら… ほか)
第3章 アオリとフカンで迫力画面をつくろう(アイレベルが地面にきた場合― アオリからフカンまで、人物たちの高さを決める方法 ほか)
第4章 椅子と階段そして写真で人物パースを実践する(座る人物を描く― 階段を昇降する人物を描く ほか)

スーパーデッサン―人物パース篇―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 人体・美術解剖学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP