デッサンと言う礎

おすすめ!アート・デッサンの本

アート・デッサンの本

デッサンの基本

デッサンの基本(ナツメ社Artマスター)
現在当サイトで一番売れている初心者のためのデッサン指南書です!この本は2009年7月に発行されたばかりの参考書ですが、すでにデッサンの基本を学ぶ参考書として定番化しています。
この本は、大学受験の準備やこれから絵画を学ぶという人にはバランスのとれた良い参考書だと思います。
全体的に的を射た解説で、参考作品を多く掲載していて好感が持てます。また、作家のデッサンと言葉を取り上げ、デッサンの魅力を伝えてくれます。
【レビュアー:デッサンと言う礎】

Product image for ASIN: 4816347003
デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)
★★★★★
脳の右側で描け

脳の右側で描け
ふだん見過ごしがちな世界が広がる一冊です。デッサンの訓練を通して忘れていた感覚を取り戻し、生活に対する新しい意識を刺激する本です。私も3度ほど読み返し、感覚世界を覚醒しております。一見、絵画の技法ととらえがちな一冊ですが世界的にあらゆるジャンルの人が通読しロングセラーと なっております。
【レビュアー:デッサンと言う礎】

Product image for ASIN: 4309273742
脳の右側で描け
★★★★☆
自分の中に毒を持て

自分の中に毒を持て
岡本太郎の人生論、芸術論です。あなたの人生をも変えるかもしれない一冊です。読書後の責任は一切負いませんのでご了承ください。 岡本太郎死後、再び脚光を浴びている書籍です。人間であるあなたに問いかける一冊。
【レビュアー:デッサンと言う礎】

Product image for ASIN: 4413021452
自分の中に毒を持て―あなたは"常識人間"を捨てられるか
★★★★★
視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン

視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン
この本はコンピュータ時代のベーシックデザインという副題がつけられていて、あたかもデザイン 分野だけのための本に捉えられてしまいそうです。しかし、内容は、平面に関する造形の要素がふんだんに 取り上げられており、画像の多さと詳しい説明には、かなり得した気分になってしまいます。
デザインと言う分野から得られる基本的な知識は、多くのインスピレーションをわれわれに与えてくれます。 そして、その入り口にこの本はお薦めの一冊です!
【レビュアー:デッサンと言う礎】

Product image for ASIN: 4766107659
視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン
★★★★★
泥棒美術学校

泥棒美術学校
画壇で活躍する佐々木豊氏が初心者から上級者までわかりやすく絵画の描き方について執筆しています。 題名からわかるように、まさに美術学校で教えることが伝わってくる一冊です。目からうろこの一冊であることは間違いないでしょう。
【レビュアー:デッサンと言う礎】


泥棒美術学校
★★★★★
造形の基礎を学ぶ

造形の基礎を学ぶ―一本の線から広がるデッサンの世界
造形の基礎を学ぶ―一本の線から広がるデッサンの世界

デッサンと言う礎レビュー
大学の教授陣が執筆した本格的な参考書です。内容は京都造形芸術大学の授業内容を 一般向けに発信することを前提に分かりやすくなっており、制作にかなり労力を費やしたと思われます。 読み応えがあり、 その分、内容を消化するのにパワーと集中力が必要かもしれません。デッサンの基礎技法、描き方を勉強する上で欠かせない内容と思われます。【デッサンと言う礎より】

造形の基礎を学ぶ-詳細はこちら…amazon.co.jp で詳細を見る

造形の基礎を学ぶ

洋画を学ぶ〈1〉デッサンと制作・洋画の用具用材 (美と創作シリーズ)
洋画を学ぶ〈1〉デッサンと制作・洋画の用具用材 (美と創作シリーズ)

デッサンと言う礎レビュー
デッサンの実践にはじまり、油彩、水彩の制作へ橋渡しをしていく本格的な参考書で、初心者には不向きな一冊です。この本のベーシック版である造形の基礎を学ぶを併用すれば、作品製作への思慮が深まるでしょう。当然、この一冊だけでも内容は充実しています。特に注目したいのは、課題に対するポイントから完成まで順序だてて解説している点でしょう。課題内容には、大学レベルのものがあり、かなりの内容を掲載している一冊です。【デッサンと言う礎より】

洋画を学ぶ〈1〉デッサンと制作・洋画の用具用材 -詳細はこちら…amazon.co.jp で詳細を見る

(おすすめ度は Amazon.co.jp参考)

  1. おすすめ!アート・デッサンの本
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP