デッサンと言う礎

パース塾2 実践編 いちばん簡単な遠近法講座

パース・遠近法|アート・デッサンの本

パース塾2 実践編 いちばん簡単な遠近法講座
パース塾2 実践編 いちばん簡単な遠近法講座

内容紹介
遠近感のある絵を描くときに役立つのがパース(遠近法)の知識。既刊シリーズ「パース塾」を読んでなんとなくわかったつもりでも、実際に描こうとすると「アレ?」とペンが止まってしまうことも多いのでは。この「実践編」では、机・椅子・扉・窓・いろいろな室内・一軒家の外観など、身近な題材の描き方を、手順を追って紹介していきます。具体的なパースの使い方を見て、描いて、より確実にマスターしましょう。
著者について
1987年、白泉社「花とゆめ」で漫画家としてデビュー。秋田書店「ボニータ」ベネッセ「小6チャレンジ」等で漫画を描く傍ら、93年から千代田工科芸術専門学校漫画科で講師を務める。97年から美術出版社「コミッカーズ」で「コスチュームデータファイル」を連載するほか技術ページの監修も担当。最近は主にイラストレーターとして活動。現在はアミューズメントメディア総合学院マンガ学科講師。

パース塾2 実践編 いちばん簡単な遠近法講座―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. パース・遠近法
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る