デッサンと言う礎

ポチとボクのかんたんパース

パース・遠近法|アート・デッサンの本

ポチとボクのかんたんパース
ポチとボクのかんたんパース

内容紹介
パースは難しいって思っているキミ! 心配いらないよ。複雑な形は四角い箱に入れちゃえばいいんだ。「パースの基本は四角い箱」ということを忘れないで。四角い箱が描ければ、家だって、部屋だって、飛行機だって、そびえ立つビルディングだってお手のもの。それに、とっておきの「平面図から正確なパースがついた絵を描く方法」も教えちゃうよ。あと、すごく役立つ「均等分割方法」というのもあるんだよ。たとえば電柱や本棚に並んだ本なんかを描こうと思ったときに便利なんだ。早くキミに教えたいなぁ……。大きなイラストでわかりやすいから、初めてパースを学ぼうと思っている人、パースは難しくて挫折しちゃったという人にもおすすめ。さあ、ポチとボクといっしょにパースのレッスンを始めよう!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ノーリング,アーネスト 1892年ワシントン州パスコ生まれ。画家、イラストレーター、版画家。1974年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    目次
  • 複雑な形は四角い箱に入れて考えよう
  • 目の高さはどこ?
  • 消失点を見つけよう
  • 平面図を使って正確なパースを描こう
  • 3つのパース
  • パースがついた円を描こう
  • 並んでいるもののパース
  • 中心を見つけよう
  • パースの均等分割方法
  • 近くの人と遠くの人の大きさ

ポチとボクのかんたんパース―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. パース・遠近法
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP