デッサンと言う礎

見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス

造形心理学・認識学|アート・デッサンの本

見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス
見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス

内容(「BOOK」データベースより)
神経内科医の臨床経験からうかびあがる、ピカソ、モンドリアンたちの視覚世界。

内容(「MARC」データベースより)
脳科学において最近わかってきた視覚認知の脳機構のしくみが、実は何十年も前から画家たちの直感によって明らかにされていた? 神経内科医の臨床経験からうかびあがる、ピカソやモンドリアンたちの視覚世界の秘密。

目次
序章 描くヒト
第1章 見るということ(網膜に写る世界 大脳皮質に写る世界 ほか)
第2章 描くということ(描くための基本技術 描画の脳機構 ほか)
第3章 脳から見た絵画の進化と視覚的思考(心像絵画 網膜絵画 ほか)
第4章 絵画における創造性(視覚的思考 創造性と独創性)

見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 造形心理学・認識学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP