右脳で自由に描く|右脳で描くデッサン

感覚で描くために右脳の能力を最大限に引き出す

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

右脳で自由に描く

右脳で描くデッサン|デッサンの描き方と基礎技法

自由に描く

自由に描くことについて取り上げます。あなたが生まれて最初に描いたものは、何かを手本に描いたものではなく、技法などと言う観念もない、まったく自由なものだったでしょう。

それをもう一度体感してみたいと思います。これは、絵を描く原点に少しでも返ることで、絵を描くことに対する既存の概念や観念にこだわらないことが必要です。

よく、右脳で描くことを推奨する書籍がありますが、これらの本に書かれていることをこれから体感することにもつながるでしょう。

左脳ではなく右脳で描く

右脳で描くことの多くは、感覚分野をつかさどる右脳を使って描くことなのですが、造形のいろいろな知識が得られることで言語分野である左脳を使うことが多くなり、右脳の活動を閉ざすことになります。

だからといって、右脳だけを使い感覚だけで描く絵は独りよがりで、観る人に共感も感動も与えられない場合があります。

そのために、より良い絵画を描く上では、感覚分野である右脳と言語分野の左脳が協力することが、とても合理的な脳の働き方の一つと考えられます。

あなたは子供のころ、多くのことを遊びの中で知らず知らずのうちに習得してきました。自転車の乗り方や竹馬の乗り方、コマ回しや凧上げなどは、説明されるより実習することで習得されてきたと思います。

しかし、大人になるにつれ、実習よりも多くの知識を書物などの言語から習得することで実践せずに満足したり、納得せずには実践しない習慣が身についていきます。

右脳よりも左脳優位に生活することが安全で大人な対応なのが実生活なので仕方ないのですが、絵画を描くときは左脳の働きが制作を邪魔することになりかねません。

ここではある方法論を実践するのではなく、実践してみてどうなるのかが大事なことです。いろいろ試してみて、最終的に“こうしたからこのようになった”ということが発見できたら良いと思います。

あまり難しいことは考えず素直に描くことで右脳を開放しましょう。

右脳で描くデッサン-目次

次のページ>Page02-模造紙に思いっきり描く

右脳で描くデッサンTOP


ページの上へ