デッサンと言う礎

デッサンのポイントを探る

目の特性を理解したデッサンのポイントやコツが何かわかれば、自分が求めているデッサンへ近づくことができる。

デッサンを描くための情報

デッサンのための情報やポイントを捉えるには、人がものを認識するときの特性を理解しなければなりません。情報を捉える能力の向上はデッサンや絵画の描写スピードを速めます。

デッサンを目の働きから考える

対象を見る時の目の動きを「サッケード」といいます。

人間の視野は水平方向180度、垂直方向130度ほどの角度で楕円の形状をした範囲といわれています。

ただ、この範囲が全て一様にはっきり見えているわけではありません。網膜にある錐体細胞が多く集まった部分に映った像が一番明瞭に見ることができます。

その範囲は約2度程度といわれているので、視野にあるほとんどの部分は、ぼんやりと目に映っていることになります。しかし、眼球が常に動いていることで視野全体を明瞭に認識することができます。

眼球は一点を注視する時間が1/3秒といわれ、その後眼球が1/30秒で移動します。つまり、1秒間に3点を注視し、3回移動していることになります。

そこで何を基準に、あらゆる物体を注視しているのかが気になるところです。注視することによって、目に映る像をどのように把握しているのか知ることでデッサンに役立てることができるかもしれません。

デッサンと対象物の特徴

何らかの物体を認識する場合、物体の特徴に多く注視されることが知られています。では、物体の特徴、形の特徴とはどのようなものか考えてみましょう。

四角い形なら、当然4つの角が重要な特徴です。球体ならば前に出てくるふくらみ、後ろへ回り込む変化が重要になります。ものの質感を感じることができる部分も重要な特徴です。

金属、紙、ビニールなどの特徴を考えてみると光の反射、強度、透明度、重さなど素材の性質などの特徴が多い部分は重要です。それらの性質がよくあらわれた所に目は多く注視しています。

紙が破れていればそこは紙と認識するのにたいへん重要な特徴であろうし、紙の折れた部分なども大きな特徴があります。

このように、物体の特徴を取り上げて認識することは、こちらの意図することを見るものに伝える手がかりになります。

対象の特徴をデッサンとして表現できることは、対象の特徴を見出す観察力が重要で、その特徴をデッサンにする表現力が必要になります。

あなたの意図するテーマに従い、特徴となる情報を捉えていきましょう。

眼球運動の軌跡からデッサンへ

人間が対象を見る時の眼球運動の動きの軌跡は、デッサンや絵画を見るときの作用を想起させます。その作用を応用することでデッサンの描き方は飛躍的に向上します。

眼球運動から分かるデッサンの道しるべ

ここでは、文献『脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学』の紹介と共に書きすすんでまいります。

ロバート・L・ソルソ著 『脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学』159頁に掲載している二枚の写真は、ある少女と王女ネフェルティティです。その下の二枚はそれぞれの写真を見た時の眼球運動の軌跡です。

眼球運動の軌跡-ロバート・L・ソルソ著『脳は絵をどのように理解するか』
ロバート・L・ソルソ著 『脳は絵をどのように理解するか』より参照。

目が止まったところほど黒くなっており、点のような跡を残して次の場所に目を止めていることが伝わってきます。

この図から、人の顔を見るとき、人の顔の特徴に関心が寄せられていることが読み取れます。視点の動きの軌跡だけを見ても頭部ということが分かり、まるで目の動きで顔を描いているかのようです。

この眼球の動きはどんな情報を得ようとしているのか、考えてみます。

特に移動が激しく、注視が多いところは、目、鼻、口、耳、です。また、顔の輪郭も必ず一度は注視し頭部の輪郭を認識しています。

輪郭では形の変化があるところは多く注視していて、陰影の変化はそれほど多く注視しているようには感じられません。ただ、少女の髪の毛にはなぜか、多く注視します。

ここから分かることは、複雑な部分を集中的に注視することです。それも、何回も確認作業を繰り返します。

また、輪郭の形の特徴的な部分も同様に注視していきますが、複雑なもの以上には確認作業を多く行っていません。そして、輪郭によって閉じられた図である頭部だけ眼球の運動が見られ、外側にはまったく関心がないようです。

王女ネフェルティティの場合、ほほのあたりのふくらみ、 陰影の変化にはほとんど関心がなく、眼球は動いていません。もしかしたら、陰影がなくても眼球運動の軌跡は変わらないのかもしれません。

少女の髪の毛は、それほど複雑ではないのに関わらず、多くの眼球の動きが認められます。これは全体の陰影とは異質の光の反射をしている髪の毛の質感に関心が寄せられて注視していると考えられます。

このような実験を参考にして、モチーフから得られる特徴だけを取り出してデッサンを描いてみると、どのような絵ができあがるでしょうか。是非、一度実験的に描いてください。

尚、文献『脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学』を併せてご精読いただければ幸いです。

石膏デッサンと眼球運動の関係

石膏像を描くときの眼球運動を考えてみてください。石膏像を見るとき自分が何に意識を向けているのか理解しておきましょう。

石膏デッサンのポイントを知る

石膏デッサンは通常、古典技法による陰影法によって描かれていきます。

陰影法は石膏像全体のボリュームを優先して描写するので、細かい目や鼻、口などの細かい描写の手順は後回しにされます。

目や鼻、口などは、陰影法によって作られた空間の秩序が壊れないように描写されます。これは写実的な絵画空間におけるバルールを意識した描き方です。

バルールは色価(しきか)と呼ばれ、絵画空間における相対的な色彩や陰影、コントラストです。写実的な絵画空間を成立させるには、適切なところに適切な色彩や陰影、コントラストで描くことが求められます。

これは、古典的な技法で写実的に描くときには重要な方法です。これを踏まえたうえで石膏像の眼球運動の軌跡から、通常の陰影法とは違う描き方を考えてみましょう。

石膏像メディチ
石膏像メディチ

石膏像の特徴を認識しようとした場合、眼球運動は下図のようになります。

このとき、空間における石膏像を捉える意識よりも、どのような石膏像かを認識しようとする意識が強く、眼球運動は陰影を無視する傾向があると考えられます。

このような石膏像の認識の仕方をデッサンなどで表現するとき、古典技法のような陰影法で描くよりも、細部の描写を優先させる方法で描くほうが理にかなっているかもしれません。

それは描き始めから目や鼻、口、耳など石膏像にある特徴的な細部をポイントにリアルに描く方法です。

この場合、古典的な陰影法ではないので石膏像や絵画空間は立体感が損なわれ、イラストやデザイン的な絵画空間になる傾向があります。

このような対象の特徴であるポイントを意識したデッサンの描き方は、平面的な絵画や説明的な描写が求められる絵画を描くときには有効だと思います。また、短時間で描くクロッキーや細密デッサンの描写力の向上にも役立つでしょう。

石膏像メディチ-眼球運動の軌跡
石膏像メディチ-眼球運動の軌跡

テーマにしたがってポイントを探る

デッサンや絵画を描くためのポイントは眼球運動の軌跡だけでなく、絵画制作のテーマや動機の中にもあります。そのポイントを理解するための訓練をすれば個性的なデッサンや絵画が展開します。

対象物を描くことと個性

モチーフの特徴を探りながらデッサンを描く時、できあがる作品の多くは、モチーフの特徴に焦点があてられるので作者の個性が損なわれている傾向があります。

モチーフのポイントだけに焦点を当てて描いた作品は個性のない、つまらないものなので、この一歩先を行った描き方を考えなければなりません。

そのためにはデッサンの要素となるモチーフの特徴であるポイントだけでなく、自分の絵画制作のテーマや動機を絵画へしっかり取り入れる必要があります。

描きたいテーマと個性

絵画制作でテーマを設定したときのモチーフと個人的な経験を複合させた絵画制作の例を考えてみましょう。

ある日、あなたがスーパーで夕食のカレーの材料を買いにでかけました。この時、テーマは「おいしい具沢山の激辛の野菜カレー」に決定します。スーパーで沢山ある野菜の中から、カレーの材料 になりそうな野菜へ目がとまります。カレー粉は行きつけのインドカリー「ブッダガヤ」で 100種類以上の中から厳選したカレーのスパイスを購入しました。大きめのなべで野菜をいため、 スパイスの調合を行い、カレーが出来上がったころには西日が差してカレーがオレンジ色に輝いています。夕日を浴びながら少し早めの夕食を食べました。想像していた以上に辛かったけど野菜の新鮮さに 涙を流して、食べました。

「おいしい具沢山の激辛の野菜カレー」というテーマにしたがって、絵を描いた時、先ほどの経験から描くべきポイントが導き出されるでしょう。

「おいしい具沢山の激辛の野菜カレー」をつくるために 必要不可欠な場所や経験、例えば出来上がった時にカレーがオレンジ色に輝いたことなど、それらは、個人個人で思い入れ、感じ方が違います。

その感じたことをテーマに沿って表現し、見る人に感じてもらうためにポイントとなる特徴をそれぞれが吟味し発見し、表現していくことがとても重要なことだと考えます。

個人的な経験を背景にして絵画のポイントを意識して描かれた絵画は、たんに目前に置かれた「おいしい具沢山の激辛の野菜カレー」を描いた絵画よりも個性的で鑑賞者へ伝わるポイントを表現することができると思います。

デッサンのポイントを探る本

『脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学』は絵画の認識の仕組みを科学的に分析しています。デッサンを描くためのポイントを考える上で貴重な参考書です。

脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学

脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学

中級 上級
定番 
研究用

デッサンを勉強していく上で必然的に脳の仕組みや心理的効果、認知的現象などを勉強することが必要になっていきます。

絵画制作上、見たこと感じたことを適切に描いていくことは簡単なことではありません。

そんな時、"何故そのように見えたのか""何故そのように感じたのか"を違う考え方で捉えることが必要になります。

そこで客観的に脳の仕組みや心理的効果、認知的現象を理解すれば、見たこと感じたことを適切なポイントにしぼって絵画へ反映させることが可能になるでしょう。

この本は、脳の仕組みや心理的効果などを絵画を基点に解説しています。その内容は一読して理解できることから、絵画製作を繰り返すことで理解できることまで幅広いものです。

    目次
  • 1章 大きな窓 ― 視覚の科学
  • 2章 脳と視覚
  • 3章 形の知覚
  • 4章 視覚的認知
  • 5章 文脈と認知
  • 6章 目の動きと美術
  • 7章 遠近法
  • 8章 遠近法と美術の歴史
  • 9章 神経ネットワーク

■商品の説明

内容紹介
脳はいかにして絵を解釈するのか,なぜ人によって絵の見方は違うのか。認知科学が解明してきた脳と視覚との関係,感覚システムの進化,目の動き,遠近法の視覚法則といった興味深い視点から,絵が私たちに与える感興と感動の謎を鮮やかに解く。

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、知覚・認知システムの性質と視覚芸術について、いまなにがわかっているのかを考える。西洋(大部分はヨーロッパ)の美術作品を中心に複雑な科学的概念を捨てないように心がけつつ、専門用語の使用を最小限におさえた、読んでおもしろく、魅力的で、知的に刺激的な話を提供する。

内容(「MARC」データベースより)
ひとはなぜ、平面な絵の中に奥行きを見、心や感情を見、時間や空間をすら見るのか。ひとはなぜ、絵に心をゆさぶられるのか。脳は絵を映し出す鏡。人間の目と脳の情報処理の特性を体系的に論じる。〈ソフトカバー〉

出版社からのコメント
◆脳は絵をどのように理解するか◆ 脳はいかにして絵を解釈するのか,なぜ人によって絵の見方は違うのか。認知科学が解明してきた脳と視覚との関係,感覚システムの進化,目の動き,遠近法の視覚法則といった興味深い視点から,絵が私たちに与える感興と感動の謎を鮮やかに解く。

抜粋
心の科学はここ50年ほどの間にめざましい発見をしたのに対し、美術は、人類のもっとも輝かしい偉業のひとつである。心理学者が人間の心的実在に基本的性質に思いをめぐらし、哲学者が実在の意味について考察するよりはるか以前に、先史時代の人間は、洞窟の壁に素朴な(しかし単純ではない)像を書き、人間をかたどった石造をこしらえていた。歴史のあらゆる点で、あらゆる民族が、あらゆる種類の装飾的な美術を生み出し、人生に光彩を与えてきた。美術は私たちの一部であり、私たちも美術の一部である。心と美術はひとつのものである。美術作品を作ったり見たりすることによって、私たちは、もっともよく心のことがわかる。私たちは、美術作品を「見る」のではなく、そこの「心」を見るのだ。美術と認知のこの逆転が、本書の随所に示される。(「まえがき」より)



初級…初級者、初心者にオススメの本
中級…中級者、絵画制作を的確に進めたい人にオススメの本
上級…上級者、自分独自の絵画を確立したい人にオススメの本
オススメ…"最初の一冊に"オススメの本
定番…"このことならこれ"定番の本
人気…"わかりやすい"人気の本
受験用…美大芸大受験で役に立つ本
一般用…一般の人に多く読まれている本
研究用…専門的に研究するための本

デッサン描き方と基礎技法-目次