デッサンと言う礎

絵画空間と遠近法

絵画空間は意識しなくともデッサンや絵画を描いていくうちに自然と発生するものです。この絵画空間の発生原理と遠近法を意識して、デッサンや絵画制作でできることを見つけてみたいと思います。

絵画空間と絵画の要素

絵画的な空間は奥行きを知覚させるさまざまな要素が複合化されています。それらの要素を分析して絵画空間を形成させる要素と原理を発見しましょう。

絵画空間の要素を分析する

平面(二次元)である絵画は鑑賞者に空間の奥行き(三次元)を感じさせることができます。

空間を感じさせる方法はさまざまにありますが、画用紙へ点を描くだけでもそこには空間が広がります。点だけでなく線や面、あるいは色彩などの要素が加われば、絵画は複雑な空間を生み出します。

統一的な絵画空間を実現させる具体的な手法としてはルネッサンスに発明された線遠近法を思い浮かびます。現実世界を想起させる線遠近法を駆使すれば、平面に奥行きを感じさせる世界が表現できます。しかし線遠近法がすべての絵画で利用されるものではありません。線遠近法は2次元に3次元の世界を再現する絵画空間の目的に適った遠近法で、多くある絵画の要素の一つにすぎません。

このような絵画の要素である線遠近法や明暗法、大小関係、図と地など、あらゆる要素の関係が独自の絵画空間を誕生させていきます。絵画の要素は目的とする絵画の完成形に向けてさまざまな関連性が発生し、絵画空間が構築されます。これらの絵画空間を構成する要素は絵画を分析することで理解することができます。

例えば現代の展覧会などで多く見られる絵画空間は、具象的な絵画と抽象的な絵画に大きく分けて見ることができます。2つの絵画空間の大きな特徴は、具象的な絵画は奥行きがあり、それに対して抽象的な絵画は奥行きがない傾向があります。

逆に考えると奥行きがなければ抽象的になり、奥行きが感じられれば具象的な傾向になるとも考えられます。

しかし以上のように絵画空間を簡単に括ることはできません。抽象絵画でも奥行きがある抒情的な絵画がありますし、具体的なものが描かれた平面的でイラストのような具象絵画もあります。

現代絵画を細分化すれば、ある程度の絵画空間の傾向を見ることはできますが、絵画空間の形態はさまざまで一つ一つの絵画に独自の要素とその関係性があることを理解しなければならないと思います。

デッサンで表現する絵画空間

通常絵画を鑑賞する際において、絵画空間を構築させる要素として色彩による空間処理を無視することはできません。しかし、明度によるコントラスト(明暗)を無視して、それらを構築することは困難です。

鑑賞者は絵画を見るとき初期段階として点、線、面(図と地)、エッジ(縁)、コントラスト(明暗)などを単純なパターンとして認識します。その後、これらの認識された要素は絵画上の脈絡の中に置かれ、動きや膨らみが整理されるとともに、色彩が加わり絵画全体が認知されると考えられています。

ここから読み取れることは色彩による表現描写を効果的にするためには、点、線、面(図と地)、エッジ(縁)、コントラスト(明暗)などをしっかり設定し構築できることが前提と考えることができます。

特にコントラスト(明暗)は色彩を考える以前に、しっかり設定する必要があります。例えば古典絵画では、先に明暗法によって絵画空間を構築して、後に色彩を加えて制作する場合があります。この場合、絵画空間を明暗法によって構築させることを優先していることが理解でき、色彩よりも明暗の方が絵画空間を構造的に強く支える傾向が認められます。

これらのことを考慮すると、デッサンで黒と白によるシンプルな描画材によって絵画空間を構築できることは、絵画制作のうえではとても有利にはたらきます。デッサンによって理解した絵画空間の表現や手法は、その後に加わる色彩による絵画空間の構築を効果的で豊かなものにします。

生理学的な要因による奥行きの知覚

私たちの脳は、眼球から送られてくる4つの情報をもとにして複合的に距離や奥行き、遠近の程度を計算していると考えられています。その4つは「両眼視差」「輻輳角」「水晶体の厚みの調節」「運動視差」です。「両眼視差」「輻輳角」は両眼で得られる情報で、「水晶体の厚みの調節」「運動視差」は単眼で得られる情報です。

両眼視差

人間の眼は左右に離れています。そのため、右の眼と左の眼では見ている像は異なるので網膜像も異なります。この両眼の網膜像のずれを視差と呼びます。この異なる右と左の眼の網膜像を融合させて1つの像として見るためには、両眼の網膜像を一致させる必要があります。網膜像を一致させる距離は近いものを見る程大きくなります。この両眼の視差から距離の情報を得て脳は奥行きを知覚します。

輻輳角

左右に離れている眼が1つの対象を見るためには、左右それぞれの眼を内側へ回転させる必要があります。下図のように対象が近くであるほど内側へ回転する角度を大きくさせる必要があります。この目の回転を輻輳(ふくそう)と呼び、回転させる角度を輻輳角と呼びます。この眼を内側へどれだけ回転させたか、角度はどれくらいかの情報によって脳は対象への距離を知覚します。

輻輳角と水晶体の厚み
輻輳角と水晶体の厚み

水晶体の厚みの調節

人間の眼球にある水晶体は、カメラにあるレンズの役割があります。ただ、レンズとは違い水晶体の場合は厚みを変化させて光の屈折率を変えます。上図のように遠くを見る時に水晶体は薄くなり、近くを見る時に厚くなります。その結果、網膜上に焦点を結ぶことが可能になります。この水晶体の厚みの変化の情報から脳は奥行きや対象までの距離を知覚します。

運動視差

自分が移動しているときに、視線を合わせた対象よりも手前にあるものは進行方向と逆方向へ移動し、視線を合わせた対象よりも遠くにあるものは同じ方向へ移動します。その速度は視線を合わせた対象から離れるほど大きくなります。

例えば図のように電車が進行する車窓(運動方向)から、景色の一点(黒丸●)を見たときに、そこを起点として近くの景色は進行方向とは逆方向へ退くのに対し、遠くの山並みは同じ方向へついてくるように感じることができます。

脳は、このような移動の方向と速度に関する情報から対象までの距離を知覚しています。

運動視差
運動視差

心理学的な要因による奥行きの知覚

平面に奥行きを感じさせるには、さまざまな方法があり、心理学的な要因が強くはたらきます。これを絵画的な要因、手掛かりとも呼びます。ここでは「対象の重なり」「線遠近法(透視図法)」「大小遠近法(相対的大きさ)」「きめの勾配」「大気遠近法(空気遠近法)」「明暗法(陰影法)」「上下遠近法」を考えてみます。

対象の重なり

図1のように、ある形態が、別の形態に重なっているように見える状態です。通常、図2のように四角形が円形の背後に隠れている状態であると感じ取り、形態が重なっていることを認識します。後ろにあると思って見る形態は図3のように、一部が欠けていると考えて見ることもできますが、前面に見える形態が後ろの形態を遮っているように見る方が自然に感じられます。このことから形態は複雑化して見るよりも単純化して見る傾向があると考えられます。これをプレグナンツの原理と呼びます。

対象の重なり(プレグナンツの原理)
対象の重なり

プレグナンツの原理とは、複雑な図形より単純な図形になじみやすいことです。たとえば閉じている図形やまとまりやすい図形は、開いてまとまりずらい図形よりも知覚されます。また、図形は複雑なものとして知覚するよりも単純で安定的な図形として知覚する傾向があり、図形の簡潔さを要求する原理が認められます。これらのことをプレグナンツの原理と呼びます。

線遠近法(透視図法)

線遠近法では、同じ幅を保ちながら伸びる道路や線路(平行線)は、手前から奥へ向かうに従い、消失点へ収斂します。これと同様に透視図法では、物体が手前から奥へ移動すれば線遠近法に従い収斂します。透視図法は線遠近法を発展させた理論で、視点を一点に固定した状態で物体を線遠近法にしたがい平面上に描く方法です。奥行きは後退する斜線軸に沿って表現され、同一の物体の大きさは、視点からの距離が離れれば小さくなり、距離が近ければ大きくなります。

線遠近法(透視図法)
線遠近法(透視図法)

線遠近法についてはパースペクティブ(線遠近法)を参考にして下さい。

下図『横たわる女を素描する人』は透視図法の実験の様子です。画家が棒の先端に視点を固定して、透明な画面を透かして見たモデルの形を紙に写しています。透明な画面の上には等分割された方眼上の線が引かれ、画面と同じ大きさの紙に同様の線が描かれています。この図で分かるように、画家は固定された単眼の視点で対象であるモデルを見ることになります。

デューラー作、横たわる女を素描する人
デューラー作『横たわる女を素描する人』

既に分かるように線遠近法(透視図法)の絵画空間は単眼で見る世界が一点の固定した視点で描かれています。その結果、理路整然とした絵画空間が生まれます。しかし通常、両眼で世界を見ていることを考えれば、線遠近法(透視図法)で描かれた絵画空間は多くの感覚が削ぎ落とされていると考えることもできます。本来、見る行為に両眼視差や運動視差による生理学的な要素が複雑に絡み合っていることを考慮すれば、線遠近法(透視図法)は単なる絵画空間を表現する遠近法の一つにすぎないと考えることができます。

大小遠近法(相対的大きさ)

同じ形態のものが遠くにあれば小さく見え、近くにあれば大きく見えます。このような相対的な大きさの変化は線遠近法と深く関係します。ある対象が5メートル前に置かれた場合と、10メートル前に置かれた場合では、5メートル前より10メートル前に置かれたものは1/2の大きさに見えます。

きめの勾配

近くの物はきめ(テクスチュア―)が荒く、遠くの物は細かく見えます。例えば草原や砂利道などでは、手前の草や砂利は大きく見え、遠くになるにつれて小さく細かくなっていきます。このように映る像は、草原や砂利道の面の空間的配置に依存する連続した変化で、これをきめの勾配と呼びます。これは相対的な大きさの要因と関係します。

きめの勾配
きめの勾配

大気遠近法(空気遠近法)

遠くの対象は大気によってゆがめられて、ぼんやり見え、細部が失われて青みがかりソフトになります。それは大気中の水蒸気やほかの物質が多くの対象から反射してくる光を散乱させて起こります。短い波長の色は散乱されるので、遠くは青っぽく見える傾向があります。

レオナルド・ダ・ビンチ作『モナ・リザ』
レオナルド・ダ・ビンチ作『モナ・リザ』

レオナルド・ダ・ビンチが描いた『モナ・リザ』では空気遠近法を表現するため、スフマートという技法により、輪郭がぼかされ、空気の層を感じさせています。また消失遠近法も利用され、遠くのものほど、その細部は明瞭に描かず省略して描かれます。明暗のコントラストは人物と比較すれば背景は弱く描かれていることが分かります。さらに色彩遠近法の手法によって、人物には暖色系の色が、背景には寒色系の色が使用されて、奥行きのある対比を生み出しています。ほかにも明暗法線遠近法(透視図法)が『モナ・リザ』の絵画空間から認めることができます。このように絵画空間は多くの遠近法が複合的に関連して発生していることが分かります。

明暗法(陰影法)

対象に光が当たることでできる光と影の調子の様子を表現してできる空間です。光源をもとに光と影の演出で立体感や遠近感を表す方法を明暗法といいます。現実世界と同様に絵画上で光と陰影を表現して絵画空間が生み出されます。明暗はイタリア語ではキアロスクーロといいます。そして日本ではキアロスクーロは明暗法や陰影法の意味があります。

カラヴァッジオ作『聖ペテロの磔刑』
カラヴァッジオ作『聖ペテロの磔刑』

主に明暗法はグリザイユやカマイユといった単色の技法で描かれていきます。色彩の要素を排除することで明暗による絵画空間の構築が容易になります。カラヴァッジオの絵画のような光と陰影の特性を考慮した明暗法による演出は写実的絵画を描く上では重要な要素です。グリザイユやカマイユといった絵画の技法は木炭デッサンによって高めることができます。

上下遠近法

画面の中の要素に、何らかの上下の関係性をもたせる絵画空間です。例えば、近くにある対象は下に、遠くにある対象は上に描かれます。線遠近法で考えると地平線へ向けた視線より高ければ遠く、低ければ近く見えることと同様です。

中国の山水画においては高遠という構図法として同様の形式がとられます。下図、雪舟作《四季山水図 秋景》では遠くに見える山が画面の上に、中景は中央部に、樹木や大地、建造物は下部に描かれ、上下遠近法が用いられている。尚、中景から遠景にかけて空気遠近法が用いられています。

雪舟作《四季山水図 秋景》
雪舟作《四季山水図 秋景》

尚、宗教絵画では三次元の世界を描くのではなく、神様や身分が高いものは大きく画面の上部に、悪魔や身分が低いものは小さく画面の下に描かれる場合があります。これは上下法といわれ、絵画の内容(宗教的内容)を表現する図法ととらえることができます。

デッサン描き方と基礎技法-目次