デッサンと言う礎

石膏デッサンを描く理由

石膏デッサンを描くことで、デッサンにおける多くの描き方や基礎能力を引き出すことができ、さまざまな要素を学ぶことができます。

石膏デッサンは必要か?

石膏デッサンの不要論は教育現場で古くからありますが、石膏像をデッサンすることで造形能力を伸ばすことができます。

石膏デッサンと美大・芸大入学試験

石膏デッサンの不要論は、以前からあるようです。
特に美術、芸術大学への入学試験で多く論じられているようです。

石膏デッサンはデッサンの要素を理解することができ、造形の能力を高めることができます。そのため大学入試における石膏デッサンは入学希望者の造形能力が分かりやすいメリットがあります。

しかし、石膏像のデッサンはデッサンの技能と造形能力を高める反面、制作者の個性やアーティスト性が伸ばしにくいデメリットがあります。

その結果、大学では石膏デッサンだけでは、入学希望者の個々の能力判断はできないと考えられます。特にその傾向はデザインよりもファインアート系に認められます。

過去と比較して現在では石膏デッサンを入学試験で課す大学は減りつつあります。今でも大学の入学試験で石膏デッサンを課題にしている大学では、デッサンによる基本的な造形能力を審査し、2次試験などで生徒自身が持っている特有の能力、アーティスト性を審査する課題が課せられています。石膏デッサンを課さない大学は造形能力とアーティスト性などを同時に判断できる課題が課せられます。

以上から石膏デッサンを描く能力は美大の入試では最低条件と捉えることもできます。制作者の個性、アーティスト性を多くは引き出してくれないまでも、デッサンの技術や基本的な造形能力を伸ばすために、石膏デッサンに取り組むことをおすすめします。

石膏デッサンで造形能力を高める

石膏像はデッサンの要素を段階的に学べるモチーフなので、適切な指導が行われれば飛躍的にデッサン力が向上します。

デッサンの要素を理解するために…

石膏デッサンを行うメリットはどこにあるか考えてください。
まず、石膏像をうまく描けるからといって、魅力ある絵画が描けるわけではない事を知っておきましょう。石膏像のデッサンは、デッサンの要素を学び、造形能力を高める方法と考えるべきです。

石膏像をデッサンすることで得られるデッサンの技術や造形能力の要因は主に3つあります。

第一は、石膏像の多くはギリシア・ローマ時代の理想美・秩序美を追求した有名な彫刻を複製しているものなので、石膏像そのもの自体にある均整のとれた形態の美しさを学べる事にあります。石膏デッサンでは石膏像が持つ美しさをどのように引き出すのかを学ぶことができます。

第二は、石膏像は白いので、光による陰影の変化が分かりやすいので、形態の起伏の変化を観察する事ができることです。石膏像の白さと黒いモチーフを組み合わせる事ができるので陰影だけでなく明度のコントラストを理解することもできます。

第三は、満足するまで何度も石膏像に向き合ってデッサンをする事ができることです。その中で効率のよいデッサンの道具の使い方を学ぶことができます。そして、"石膏像の魅力をどのように引き出すのか?"という思索が始まります。石膏像の量感、動き、明暗、構造…それら気が付いた事をどのように画面へ表していくのか考え、何度も何度も挑戦する事ができます。

以上から石膏像をデッサンすることで、道具の使い方が身に付き、石膏像をどのように画面におさめていくのかを理解することができます。さらに形のくるい、光の影響、量感、動き、他のモチーフとの相乗効果、構成手法…といった様々なデッサンの要素と基本的な造形能力を学ぶことができます。

デッサン描き方と基礎技法-目次