デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

絵を上手く描くための方法とヒント

初心者がよくぶつかる問題に対して、解決方法を考えてみたいと思います。

絵を上手く描くための方法とヒント-主な内容

油画と日本画どちらを学ぶべきか悩む人へ

油画と日本画、あなたの絵画制作の表現手法が油画に向いているのか日本画に向いているのか考えてみましょう。

絵の要素を描くときの意識

絵画を描くときは、絵画の要素を一つ一つに分けて表現するのではなく、さまざまな絵画の要素を同時に意識して表現するようにしましょう。

対象の形を正確に早く描く方法

対象の形を正確に早く描くためには、道具に頼らず自分の感覚で対象の形態を捉える訓練をすることです。その方法とコツをいくつか紹介します。

デッサンで立体を感じさせる稜線と陰影

デッサン制作で立体を感じさせるために理解してほしい要素は、対象から感じられる稜線と陰影です。 この2つの描き方が理解できていれば、描かれた対象を立体的に描けるようになります。

絵画を活き活きさせる描き方

平板でつまらない絵画の問題点は絵画制作での意識にあります。思うような絵が描けない人は、このページを参考にすぐに絵画制作の意識を変えてみてください。

デッサンの描き方と基礎技法-目次