デッサンと言う礎

右脳で描くデッサン

右脳で描くデッサンとは、理論よりも感覚や感性を優先的に働かせたデッサンです。デッサンを右脳で描くには、できる限り無意識の状態で対象に近づくことが重要です。

右脳で描くデッサン-主な内容

右脳で自由に描く

右脳の能力を最大限に引き出せば、乗り物を自由に操縦するようにデッサンが感覚的に描けるようになります。

模造紙に右脳で描く

右脳を使って模造紙に自由なデッサンやドローイングを行うことで、理論よりも感性を開放することが可能になります。

音楽を聴きながら右脳で描く

音楽を聴きながらデッサンやドローイングを描くことで右脳が解放され、理論よりも感性や感覚を優位にしたデッサンへ近づくことができます。

右脳で描くための本

右脳による感覚や感性でデッサンを描くためにおススメする本の紹介です。

デッサン描き方と基礎技法-目次