右脳で描くための本|右脳で描くデッサン

デッサンを右脳で描くために参考になる本

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

右脳で描くための本

右脳で描くデッサン|デッサンの描き方と基礎技法で参考になる本

脳の右側で描け

初級 中級 上級
オススメ 定番 人気
一般用 研究用

ふだん見過ごしがちな世界が広がる一冊です。

デッサンの訓練を通して忘れていた感覚を取り戻し、生活に対する新しい意識を発見する本です。私も3度ほど読み返し、感覚世界を覚醒しております。一見、絵画の技法ととらえがちな一冊ですが世界的にあらゆるジャンルの人が通読しロングセラーと なっております。

この本は“絵画を描く時の素直な感覚を取り戻す”ものでしょう。そして、美術の教育者には、生徒に教える中で必要不可欠の知識となります。また、絵画や美術にかかわらず、人生を豊かにするヒントや秘訣を導くことができます。

例えば、私達は大人になるに従い感覚的な右脳よりも、論理的な左脳を重要視し多く活用されていきます。その中で、物事に対して論理的に理解できないと感覚的な機能にブレーキをかけてしまうことが多くあります。そのブレーキは私達の感覚的な能力を停滞、低下させるともいえます。

そのようなブレーキを一時的にはずし、アクセルを開けるための考え方がこの本です。

    目次
  • 絵を習うのは、自転車の練習と同じこと
  • 描くための第一歩
  • あなたの脳、その右側と左側
  • 左から右へ、脳の境界を越える
  • 子供のころは誰でも芸術家だった
  • エッジとはなにか―輪郭線は2つの部分の境界線
  • スペースとはなにか―ネガとポジ
  • 相互関係とはなにか―遠近法のレッスン
  • 人の顔を描く―肖像画のレッスン
  • 光と影、「ゲシュタルト」について
  • 新しい知覚の技能で創造性の悩みを解決する
  • 内なる画家のめざめ
脳の右側で描けamazon.co.jp で詳細を見る

初級…初級者、初心者にオススメの本
中級…中級者、絵画制作を的確に進めたい人にオススメの本
上級…上級者、自分独自の絵画を確立したい人にオススメの本
オススメ…“最初の一冊に”オススメの本
定番…“このことならこれ”定番の本
人気…“わかりやすい”人気の本
受験用…美大芸大受験で役に立つ本
一般用…一般の人に多く読まれている本
研究用…専門的に研究するための本

右脳で描くデッサン-目次

右脳で描くデッサンTOP


ページの上へ