マッスのニュアンスへ|マッスと量感

マッスを表現するとき、明度や重さ質感などさまざまな要素も意識しなければならない

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

マッスのニュアンスへ

マッスと量感|デッサンの描き方と基礎技法

マッスを表現するために考えるべき様々な要素

皆さんはどのようにふくらませたでしょうか?

図1をご覧ください。これは、線描によってふくらみを意識して描いたものです。 描こうとしている狙いによってはこんな表現でも面白い画面が出来上がるかもしれません。 鉛筆、木炭を寝かせ、はらを使って描いた時はこれほど線を重ねなくても、同じような表現が出来るでしょう。その時は、粘土で立体を表現しているような感覚です。

しかし絵としては、この状態では何の説得力もなく伝わってきます。そこで、もう少しこの表現に要素を組み込もうと思います。

図2を見てください。多少、違う雰囲気になってきました。これは、光源を意識して修正を加えたものです。先ほどよりも立体感が少しばかり増したようです。

ふくらますという行為は、様々なモチーフに対して、改善が必要になります。細い線ではマッスは表現できても、質感がまったく違ったものになりかねません。

そうならないために、質感に対して、描く線の太さを研究しなければならないでしょう。

明度に関しては、画面の中での相対的な明度差を意識しなければならないでしょう。画面におさめようとするモチーフの相対的な明度を意識するには、黒いものは黒く、白いものは白く表現することが基本になるでしょう。

ただ、描きたい狙いによっては黒いものを白く描かなければならないこともあるでしょう。それがあなたが考える表現と言うことになります。

マッスのニュアンス図1-マッスと量感

マッスのニュアンス図2-マッスと量感

マッスのニュアンス図3-マッスと量感

マッスを表現する中で意識すること

独自の表現を完成させるために、ニュアンスを組み込んでみたいと思います。例えばモチーフが柔らかいなら、柔らかい表現で描写してみることです。しかも、明度が明るいなら、その明度を維持することが大切です。光・空気・重量・質感などの要素や表現の狙いを描写に組み込み独自の表現、方法を開発してください。

参考として、図3のような単純な線でも球体を感じさせることが出来ます。 表現したいものを一度単純な表現で突き詰めたところに何かヒントが あるかもしれません。

マッスと量感-目次

次のページ>Page03-マッスにおける表現描写

マッスと量感についてTOP


ページの上へ