デッサンと光源と光|デッサンと光

デッサンや絵画作品を描くうえで光源と光を理解する

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

デッサンと光源と光

デッサンと光|デッサンの描き方と基礎技法

デッサンのレベルを上げるために光源と光を理解する

光源と光の性質を知り、制作する対象に与える現象や効果を理解することは、デッサンや絵画作品をより深い次元へ飛躍させるために重要なことです。

光を発している光源は、太陽光などの自然光、室内灯などの人工光、人工光と自然光による多重光など色々な状況があり、それぞれ性質や現象は違います。ある場面をデッサンなどの絵画として描く場合、光の状況をも同時に描いていることになるため、光をコントロールすること、理解することは制作の大きなカギになります。

光によって伝わるデッサンや絵画の要素

光はデッサンや絵画制作で描こうとするモチーフの色相のみならず、明度や彩度をも伝えます。黒いものは光を吸収し、白いものは光を反射する性質があります。また、同一のモチーフでも色相は微妙に変化し、明度も彩度も同時に表します。それらの要素は光源の性質でもさまざまに変化しているため、光源をできるだけ安定させる必要があります。当たり前のようなことですが、そのことをおろそかにすると、描こうとするモチーフの印象や動機が揺らいでしまい、絵画やデッサンを描こうとする意欲が薄れることもあるでしょう。

以上のことからも、光源と光を理解することで作品をより良いものにできることがわかると思います。光源と光を理解するとき物理的なことも多少考えなければなりませんが、あまり、深入りすることはないと思います。理解するポイントとしては、光源と光の性質、物体や物質に対する現象や効果などを理解することが重要と思います。

デッサンと光-目次

次のページ>Page02-光の性質と効果

デッサンと光-TOP


ページの上へ