デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

立方体-鉛筆デッサン

立方体の鉛筆デッサンは、デッサンの練習のドキュメントです。このデッサンの制作過程を参考にして独自の描き方を模索しましょう。

画像はクリックすると拡大します。

YouTube動画『立方体の鉛筆デッサン・描き方』

立方体のデッサン制作過程2時間を10倍速で見ることができます。

立方体の透視図法を理解していない人は下記のページをご覧ください。

直方体・立方体を透視図法で描く

動画を気に入っていただけたなら、高評価とチャンネル登録お願いします!

モチーフの立方体と画材

モチーフの立方体-鉛筆デッサン

【サイズ】28×35.5cm
【材料】画用紙[maruman,SOHO SERIES,SOHO200,80sheets]、鉛筆、練り消しゴム、プラスチック消しゴム、ティッシュペーパー、サッピツ
【制作者】G.K

立方体の鉛筆デッサン-制作過程2時間

立方体の鉛筆デッサン制作過程1…20分経過

画用紙に十字を引いて、画用紙の中心点を割り出して描き始めています。

立方体は中央よりやや下に配置し、実物よりも2倍ほど大きく描いています。

モチーフはできる限り大きいものを用意して描くことをおススメします。

立方体の鉛筆デッサン制作過程1

20分経過後は上図のようになりましたが、その時の意識は以下のようになります。

立方体のデッサンの手順01

画面へ配置するとき、赤い線のように立方体全体の縦と横の比率をはかり棒で計測し、同じ比率になるように画用紙に描いていきます。

立方体のデッサンの手順02

赤い線のように縦と横の比率が決定したら、緑の中心点にある立方体の角の位置を割り出します。

はかり棒でしっかり比率を割り出して、比率通りに画用紙に描いていきます。

立方体のデッサンの手順03

二点透視図法を応用して、画面に描かれた立方体の消失点の高さを決定し、その高さへ収束するように各辺を黒い線のように描いていきます。

立方体の形が決定したら、光を意識して陰影を描くようにしましょう。


立方体の鉛筆デッサン制作過程2…40時間経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程2

陰影を描きながら、立方体の固有色も同時に描くようにします。

線は直線的に、モチーフの面に沿うように描いています。


立方体の鉛筆デッサン制作過程3…1時間経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程3

陰影は実物よりも暗くならないように描いていき、質感などを描きこむためのベースをつくっていきます。


立方体の鉛筆デッサン制作過程4…1時間20分経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程4

立方体だけでなく投影や背景などの画面全体の陰影も描写していき、空間を調整します。


立方体の鉛筆デッサン制作過程5…1時間40分経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程5

質感は特に立方体の手前をしっかり描きこみます。

手前をしっかり描いたら、奥の角を描きましょう。


立方体の鉛筆デッサン制作過程6…2時間経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程6

初心者は、立体感がうまく表現できないと、必要以上にコントラストを強調してしまいますが、実物の陰影の印象を逸脱しないように描くようにしましょう。

立方体のデッサンのポイント04

描きこみながらも、透視図法で設定した消失点へ各辺が収束しているか常にチェックします。

はじめは目線の高さへ向かって収束する各辺を設定しましたが、上図の青線のように、下に向かって収束する辺もモチーフから観察することができます。

この辺の様子を描くことで、さらに透視図法による立体感を感じさせることができると思います。


立方体の鉛筆デッサン制作過程7…2時間20分経過

立方体の鉛筆デッサン制作過程7

2時間で終えるつもりでしたが、出来が悪いので20分延長して描きこみました。

時間があれば動画もご覧ください。

動画が気に入ったら高評価とチャンネル登録お願いします!!

YouTube:立方体の鉛筆デッサン

【終了画像】>>>立方体-鉛筆デッサン

デッサンのモチーフ-目次