デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

レモン-鉛筆デッサン

レモンの鉛筆デッサンは、デッサンの練習のドキュメントです。レモンのデッサンの制作過程を参考にして独自の描き方を模索しましょう。

画像はクリックすると拡大します。

YouTube動画『レモンの鉛筆デッサン』

レモンのデッサン制作過程は2時間ですが、動画は約13倍速の10分で見ることができます。

動画制作の励みになりますので、チャンネル登録をお願いします。

モチーフのレモンと画材

モチーフのレモン-鉛筆デッサン

【サイズ】33.5×24.5cm
【材料】画用紙[HOLBEIN,DRAWING BOOK F4,No.30B-2,205g/㎡,R画用紙、厚口]、鉛筆、練り消しゴム、ティッシュペーパー、サッピツ、定規、はかり棒
【制作者】G.K

レモンの鉛筆デッサン-制作過程2時間

レモンの鉛筆デッサン制作過程1…30分経過

画用紙に十字を引いて、画用紙の中心点を割り出して描き始めています。

レモンは中央よりやや下、右寄りに配置し、実物よりもすこし大きく描いています。

レモンの鉛筆デッサン制作過程1

中央より下に描いたのは、安定感のある構図にするためです。

右寄りにしたのは、影の形を考慮したとき、右寄りの方がバランスが良いと思ったからです。

構図の配置が決まったら、おおまかに縦と横の比率をはかって四角形を描き、大きさを決定しています。

単体のモチーフを描くときは、できるだけ実物よりも大きく描くことをおススメします。


レモンの鉛筆デッサン制作過程2…1時間経過

レモンの鉛筆デッサン制作過程2

形と大きさ、構図が決定したら、陰影を描きながら、レモンの固有色も同時に描くようにします。

レモンのボリュームを出すために、レモンの形状や面に沿うように曲線を多用して描いていきます。


レモンの鉛筆デッサン制作過程3…1時間30分経過

レモンの鉛筆デッサン制作過程3

陰影は実物よりも暗くならないように描いていき、質感などを描きこむためのベースをつくっていきます。

コントラストを強くするとレモンのボリュームが表現しやすいですが、実物から感じ取れるコントラストを逸脱するとリアリティが失われるので注意しましょう。


レモンの鉛筆デッサン制作過程4…2時間経過

レモンの鉛筆デッサン制作過程4

レモンの陰影とともに質感を描きながら、投影や背景も描写していき、全体のバランスを調整します。

2時間制限で描いたため、この状態で終了しましたが、時間があれば、レモンの回り込みと反射光を中心に陰影と質感を、しっかり描きたいと思いました。

【終了画像】>>>レモン-鉛筆デッサン

デッサンのモチーフ-目次