デッサンと言う礎

エスキースについて|デッサンとは何か

絵画作品の設計図であるエスキースで本画のための構想を練りましょう。エスキースが作品の完成度を高めます。

エスキースについて

エスキースとは

エスキースはフランス語で、スケッチや下絵のことを指していいます。本画(本番の絵)を描く前段階で、絵のイメージを描いたものです。本画の前段階で行うため、本画よりも小さいが本画をイメージできる大きさの画面で制作します。

初心者にとってのエスキース

デッサン初心者において初めて行うエスキースは静物などの絵画作品を描くときに行われます。

これは本画のためにどのような要素を取り入れて、どのように構成しようとするのか、とても重要な作業になります。

静物画などを描くとき、本画を描く前にエスキースをすることがすすめられます。モチーフの構図や明暗のコントラストだけでなく、色彩計画など構成要素は数多くあります。テーマに沿った絵画の組み立て方を吟味することが必要になります。

その後、大作を描いていくときにはエスキースの制作手法は段階的に変化していきます。ここではデッサンや絵画の制作工程の一つであるエスキースについて更に学んでいきたいと思います。

大作への発想からエスキースを描く

大作でのエスキースは作品を制作するための着想、発想を描き留めたクロッキー帳やスケッチブックなどを本画の前段階で集約させて作成します。

テーマに沿った色、形などの造形的手段を簡単に設定して、色彩や形態におけるバランス関係を確認し、全体の構図において表現したいものが実現できるかどうかなどをチェックします。

エスキースはテーマのためのさまざまなパターンを構想して作成することが望まれます。作者によって費やされる時間も量も違いますが、設計図的な緻密なものから、全体の明度のバランスや色彩のバランスなどの大まかな部分だけをエスキースする場合もあります。

大作へ向けたエスキースの着想、構想の例

例えば、『平和』を絵画で表現する場合、さまざまな考え、インスピレーションがあるでしょう。それは、漠然としたイメージから具体的なものまでさまざまです。

このとき、発想の原点は日常に潜む中から模索すると良いと思います。例えば戦争などという大きなテーマを直球勝負で挑んだとしても、風刺画のような絵画になってしまい、見る人への共感や説得力は弱いものになってしまいます。

日常からテーマを吟味し、エスキースへ至る前段階で多くの資料を収集したり、日常の生活の中で取材をすることが求められます。その後、更にエスキースの前段階でクロッキー帳などへ何枚か構想を描いていくとよいでしょう。

具象的にするべきか抽象的に描くべきかなど構成方法を決めていかなければなりませんし、色彩の設定や形態の配置など吟味していかなければならないでしょう。

それらの構想を集約させて画用紙などにエスキースを描きます。

本画ではエスキースよりもさらに良い絵を描いていきます。

エスキースから本画へ至るヒント

色彩や明度、形態、マチエールなどのバランスだけをエスキースとして吟味し、それを本画として描き進める中で、インスピレーションによる何らかのイメージ、テーマを付け足して完成させるような場合もあり、その作成手段、方法は作者独自のもので絶対的なものはないといえます。

  1. デッサンの意味と目的
  2. クロッキーについて
  3. エスキースについて
  4. デッサンとエスキース
  5. デッサンとドローイング
  6. デッサン初心者が最初に読むオススメの本-厳選5冊
  7. < 前へ
  8. 記事TOP
  9. デッサン描き方と基礎技法 TOP

デッサン描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP