デッサンと言う礎

デッサン初心者は絵画教室を利用しよう

初心者が独学でデッサンを学ぶことは、多くの無駄な時間を費やすことになります。週一でよいので絵画教室でデッサンを学ぶことをおススメします。

初心者がデッサン力を自分のものにするためには…

このサイトでは、デッサンや絵画を描くための情報を発信しておりますが、デッサンの基礎技法、描き方は、情報を得て独学で学ぶだけでは、なかなか上達するものではありません。初心者がデッサンを上達させるためには、様々な人にデッサンの制作過程や作品を見てもらうことが重要です。

特に初心者の方で多く陥りやすいのが、自己満足してしまうことです。ある程度、絵がまとまってくると、デッサンや絵はそれなりに満足できる方向で見るようになります。

しかし、自信のある作品を人に見せると、思ってもみない反応で、手ごたえがないことがあると思います。そんな時の脱力感は創作していく上での自信を失ってしまう気分です。

そんな事に陥らないためにも、常に自分の作品を見てもらえる環境が必要です。

初心者は絵画教室で刺激を受けよう!

デッサンや絵画を描く能力を高めるためには、絵画教室などの専門的な場所で描くことをおすすめします。

絵画教室で週に1日だけでも絵を描けば、限られた時間で効率的な制作作業が進められるようになり、基本的な道具の使い方が身につくうえ、クオリティの高い作品ができるようになります。そして人が見ている環境だと自己満足することはなくなります。

絵画教室にいってみようと思う方は、まず、インターネットで近所にある通いやすい絵画教室を探すと良いと思います。そして、いくつか見つかったら、アトリエを見学してみて、雰囲気や、生徒の作品を見ることが重要です。中には、体験的に学べるところもありますから、聞いてみるとよいでしょう。

実際に習い始めると色々不安が出てきますが、最初は絵画教室のやり方に従って身を任せてみることが必要です。

デッサンを上達させる絵画教室の条件

デッサンを本気で学ぶとき、絵画教室はしっかり選んで決めましょう。

絵画教室は、子供向けの教室、大人向けの教室、美術大学受験向けの教室に大きく分けることができます。

これらの教室を運営するには資格が必要ないので、先生が教える内容と質に違いがあります。

デッサンを本気で学ぶのなら美大や芸大、美術の専門学校を出た先生(同等の能力のある人)に教えてもらうと良いと思います。そのような先生はデッサンの重要性を理解しているうえ、描くための知識や技術が豊富にあります。

とはいえ、学歴や資格で絵が描けるわけではないので、専門的な学校を出ていても先生が教える内容と質は千差万別です。実際に教えてもらうまでは良い先生かどうかは判断は難しいところです。

教室を判断するために教える内容に注意してみましょう。教室では単に好きな絵を描く中で学ぶのではなく、何かの課題をこなす中で学べると良いと思います。特に初心者は課題をこなしましょう。

その課題の内容はデッサンや造形能力の要素を学ぶためのものであることが必須で、課題に対する何らかの答えが導かれることが重要です。

ただ課題を与えて描かせて闇雲に批評するような教室はだめです。教える内容は前回から今回、今回から次回へ向けた脈絡があるものでなくてはなりません。

絵画教室でデッサンを学ぶ中では、多くの造形の要素が理解でき、基本的な技術が磨かれます。さらに、それらの要素が一度で同時に表現できるようになることが目指されます。

デッサンを上達させる絵画教室の条件のまとめ

  • 先生が美大や芸大、美術の専門学校の出身の先生(同等の能力のある人)であること
  • 学習内容には課題があり、その課題に対する何らかの答えが導かれること
  • 課題の内容には前回から今回、今回から次回に向けて脈絡があること

以上を参考にして、デッサンを学ぶための絵画教室を探してみてください。

絵画を学ぶための学校を検索する

美大・芸大予備校、絵画教室リンク集

美大・芸大予備校の中には、一般向けの教室が併設されているところが数多くあります。特に大学や専門学校を目指そうと思わなくても、気軽に問い合わせてみましょう。私の知っている予備校では、高校生に混じって、年配の方や主婦の方と一緒に描くこともありました。

通信制美術大学・芸術大学のリンク集

本格的に絵画や芸術を学ぶなら、おもいきって通信制の大学へ入学するのもひとつの手でしょう。第一線で活躍する画家や芸術家、美術家に直接指導をしてもらえる機会がスクーリングなどで多くあります。ここから、新しい自分を発見することもできるのではないでしょうか。デッサン力を向上させ、自分の作品を育む学習の場としておもしろいかもしれません。資料の請求ができます。

デッサン描き方と基礎技法-目次