デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

図と地

図と地から感じ取れる心理作用や認知的現象を理解すれば、デッサンや絵画の描き方を飛躍的に発展させることができます。

YouTube動画『図と地の解説』

図と地は主従関係にある

【図1】
図と地-THEATER-

絵画における図は文字や物質、モチーフなどの形になり、地はその背景になります。図を認識している時、地の認識は弱まります。

【図1】の黒い部分を図として意識して見たとき、形の意味内容を理解することはできません。しかし、白い部分を図として意識して見たとき、THEATERという文字を読むことができ、形の意味内容を理解することができます。その結果、白い部分を図として意識して見ることになり、黒を図として見なくなります。このように図と地に主従関係ができあがります。

【図2】
図と地-ルビンの壷-

【図2】は「ルビンの壷」といわれる図と地の反転現象が起こりやすい典型的な図です。白い壷を図として認識している時は灰色の部分が地となり背景になりますが、人物が向かい合っていることを認識する時は白い壺が地となり背景になります。

「ルビンの壷」は認識の仕方によって、まったく違うものを読み取ってしまう図です。それは図になる対象やモチーフの形態を描こうとする時、背景になる地の境界も同時に描いていることを理解させてくれます。

デッサンではこの図と地の要素を意識した描き方が重要です。「ルビンの壺」のように図と地が反転する作用を意識した描き方は絵画を多義的にし、見る者を魅了させます。

古典的な絵画や写実的な絵画を見ると、描きたいモチーフや主題を引き立てるために背景を遠ざけるように処理されることが一般的です。例えば背後を曖昧にしたり、闇に変化させるような処理をすることがあります。それらは現実空間へ近づけたり、モチーフを際立たせるための処理と見ることができ、地が図よりも主張しないようにしていることを感じ取ることができます。

その後、セザンヌ以降の絵画では、地に対して単なる背景や背後ではない意味が付加させられていきます。ポール・セザンヌ『大水浴図』では木々の間に見える空や浴場は単なる背景にとどまりません。木の幹と人物によってできる三角形の構図に注視すると人物や木々などの形容を無視した形態が全面へ押し出されるように見え、単なる群像や風景にとどまらない抽象的で多義的な要素を感じることができます。木々の間に見られる細く長い空なども木の幹や枝よりも前面へ押し出されるように見えることで、平面的でありながら、写実的絵画にない多義的な空間を感じさせています。

セザンヌ『大水浴図』
ポール・セザンヌ『大水浴図』

ポール・セザンヌ『大水浴図』1905年 油彩 キャンバス 208x249cm フィラデルフィア美術館

このようなセザンヌの絵画に影響を受けたピカソやブラックは、絵画の平面化を研究していきますが、その際も図と地の問題は常に提起されています。

主に彼らのキュビスムは方ぼかしによる個々の形態の集積が、それまでにない空間をもたらしていきます。それらは一見すると抽象的ですが、完全に抽象化させることはなく、具体的な形態や対象を失うことはありませんでした。そのため具体的な形態を描くという意識の中で図と地が表現されたと考えることができます。

キュビスム以降では、形態や色彩が自律して抽象絵画が本格的に展開すると具体的な対象が失われ、何が図で何が地なのかを判別させるきっかけが曖昧になり、図と地の問題は絵画にとってさらに重要な問題になっていきます。

つまり図を容易に地として見ることができる絵画が多く生まれていくと、図と地という要素が一体となっていくことになります。

例えばジャクソン・ポロックやマーク・ロスコに見られるようなオール・オーヴァーな抽象絵画が生まれていきます。彼らの絵画は明確に図と地を分けることはできませんが、図と地を意識的に分けて見ることができます。これは鑑賞者が自由に設定することができる流動性のある図と地になります。

更に現代絵画ではフランク・ステラのシェープド・キャンヴァスに見られるように、基底材の中における図と地の表現だけにとどまらず、絵画全体(基底材)を図として、絵画の周囲を地として意識した表現が生まれていきます。

このように図と地の要素には多様性があることを理解できます。今後、図と地だけの要素を見たときに絵画がどのように展開するかはわかりませんが、絵画制作では見過ごすことができない重要な要素であることは間違いないでしょう。

参考(構図のための図と地について)

構図のためのトリミング

図と地の性質と特徴

図と地の主な性質と特徴を下記に記します。

  1. 図は形はあるが、地には形がない。
  2. 図と地の境界は、図の輪郭になる。地は輪郭を持たない。
  3. 図は手前に出てくるのに対して、地は背後にあり広がりをもつ。
  4. 図は実在感があるが、地は漠然としていて実態がつかみにくい。
  5. 図は表面があり抵抗があるように見えるが、地はそのようには見えずやわらかで空虚である。
  6. 図と地は反転することがある。

図になりやすい条件

図として認識しやすい条件を理解することで、図と地の判別が難しいケースで役立ちます。

【ケース1】

面積が狭い部分のほうが広い部分のよりも図になりやすいです。

図と地の条件1


【ケース2】

上図に似ているが狭い部分の形が閉じていないのが特徴です。
この場合、 形が閉じているほうが、閉じていないほうよりも図になりやすいです。

図と地の条件2


【ケース3】

等間隔で区切られた形が8つありますが、この場合、水平垂直にある4つの形が図になりやすい。
面積が変われば【ケース1】の通りに図と地は変化する。

図と地の条件3


【ケース4】

この図の場合、同じ幅を持つ形が図になりやすいです。
等間隔の幅を保ちながら平行に並んでいる形同士が一体となり、図と感じられます。

図と地の条件4

デッサンの描き方と基礎技法-目次