デッサンと言う礎

擦筆の使い方

擦筆|デッサンの道具

擦筆とは

サッピツは木炭デッサンや鉛筆デッサンで多く使用される画材です。サッピツは消し具ではありません。木炭や鉛筆で描写した上からサッピツを押さえつけたり、ねかしてこすったり、立ててこすったりすることで、デッサンの画面に効果を生み出す道具です。サッピツで、こすったり押さえた部分は、そうでないところと比べ、沈んだ感じを生み出すのが特徴です。

擦筆の種類

サッピツには柔らかいものと硬いものと2種類あります。硬いサッピツは鉛筆デッサンと木炭デッサン両方でよく使われます。柔らかいサッピツは木炭デッサンで使われます。使い方はさまざまにありますので研究してみてください。

■硬い擦筆

硬い擦筆-画材

■柔らかい擦筆

柔らかい擦筆-画材

擦筆の使い方

描画中、画面を直接指でボカすと指の脂が画面につき、木炭や鉛筆がのりにくくなる場合がありますので部分的にぼかしたり、弱めたりするときに使いましょう。

硬いサッピツは紙を巻いて作ってあり、指の代わりに、画面の調子を整える時に使用すると便利です。しかし、サッピツは最終段階で使用し、あまり多用することはお薦めしません。

全体的なバランスからトーンの調子などを考慮したうえで使うべき場所を考えるべきだと思います。サッピツで描写した部位は、ある一定のトーンを作りますがその部位はなかなか修正できるものではありませんので適材適所を心がけたいです。

  1. 擦筆の使い方
  2. 擦筆-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP