デッサンと言う礎

布・ガーゼの使い方

布・ガーゼ|デッサンの道具

布・ガーゼを画材として使う!?

布やガーゼは鉛筆デッサン、木炭デッサン両方で使われます。鉛筆デッサンでは布の代わりに羽ぼうき、サッピツ、ティッシュなどで代用できますが、木炭デッサンでは布は必需品です。大きさは任意ですが15~25センチくらいの正方形が使用しやすいと思います。

使う布は薬局で市販されているガーゼや綿でできたTシャツの切れ端などを使うといいでしょう。

油絵を描くときなどは画材の手入れや描く画材として綿でできた布が欠かせません。油絵で利用する場合は大量に必要になりますのでウエスなどを購入して仕入れておくと良いでしょう。

ウエスとは工場などで油の拭き取りなどで主に使用される布製品で、綿のものがおすすめです。

下図の商品は、私が鉛筆デッサン、木炭デッサン、アクリル画、油彩画すべてで利用している綿製のウエスです。デッサンだけで使用する場合は、これだけの量は必要ありません。

布・ガーゼを画材としてどのように使うのか?

鉛筆デッサンでも木炭デッサンでも、効果を出したいところへ布やガーゼで叩いたり、押さえ込んだりして使います。

鉛筆デッサンでは描写したところをぼかしたり、弱めたりする際、あるいは画面全体をなじませる場合などで使用されます。羽ぼうきと同じ様な効果が期待できますが、より特定の部分に効果を出すことが可能です。

木炭デッサンでは木炭を押さえて木炭の粉を木炭紙へ定着させたり、画面全体を叩いて全体的をぼかしたりすることで深みを与えることができます。

木炭デッサンの場合、使い古したガーゼや布は新しいものに比べ、描写した木炭のぼかし具合や定着具合に変化が生まれてきますので、新しいものとは別に利用します。綺麗なものと使い込んだものを両方用意しておくと良いでしょう。

  1. 布・ガーゼの使い方
  2. 布・ガーゼ-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP