デッサンと言う礎

消しゴムの使い方

消しゴム|デッサンの道具

消しゴムの種類

消しゴムにはさまざまな種類があります。練り消しゴムからプラスチック消しゴム、砂消しゴムといろいろです。

主に鉛筆デッサンと木炭デッサンでは練り消しゴムが使用されます。その理由としては、画面を傷めずに消すことができることと、消す作業が描写する行為へつながっていくことが挙げられます。

そのようなことから、ここで紹介するプラスチック消しゴムの出番は少なくなるのですが、しっかり消したい箇所やプラスチック消しゴムしか出すことができない表現描写のニュアンスでは活用されます。

例えばガラスのハイライトなどの描写ではプラスチック消しゴムが使用されることが多いようです。

練り消しゴムは別ページで紹介しております。

鉛筆デッサンで使われる消しゴム

多く使われるのが製図用のプラスチック消しゴムです(上図)。選ぶ際に注意したいのは、消すことによる画面へのダメージです。画面へのダメージが少ないように多様は避けるべきです。そのためには、消すという意識を捨て、消しゴムで描く意識が必要です。

また、木炭デッサンなどではプラスチック消しゴムは鉛筆デッサンに比べ使用頻度は少ないのですが、仕上げ段階など目的に応じて木炭デッサンでも使用される消し具です。その際も消す作業というよりも、消しゴムで描く意識が必要でしょう。

プラスチック消しゴムは、スティック状のものもありますので、用途に応じて使い分けてみましょう(下図)。

スティック状の消しゴム-画材
  1. 消しゴムの使い方
  2. 消しゴム-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP