デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

手のクロッキーで画力を向上させる

自分の手をクロッキーすることで画力を向上させることができます。一日一枚自分の手をクロッキーして描写力を高めましょう。

手のクロッキーの魅力

クロッキーを描くとき、人物や動物などをモチーフにすることが多いと思います。

それらを描くには、人物クロッキー会に入会したり、動物園に行く必要があるので、いつでも気軽に描くことはできません。

そのような状態を克服する良い方法が手をクロッキーすることです。 手をクロッキーすることで、手が複雑で魅力的なモチーフであることに気づかされると思います。

この手を対象に15分、10分、5分と時間を設定して毎日コツコツクロッキーすることをおススメします。

毎日一枚、手をクロッキーした結果、速写の能力や人物クロッキーの能力が向上することに驚くでしょう。

手をクロッキーするためのポイント

手をクロッキーするポイントは、人物クロッキーするときのポイントと同じです。

はじめは線によって描写しましょう。線は太さを変えたり、強弱をつけたりすることで動きを与えることができます。

線によって、手を表現できるようになったら、明暗法を意識して、陰影を描写するようにしましょう。

クロッキーでは描写する要素を詰め込みすぎないことが重要です。一つの要素を充実させてから、異なる要素を足していくようにしましょう。

手のドローイング参考動画

この動画はクロッキーよりも少し長いのでドローイングと表記していますが、描く目的は同じなので参考になると思います。

手のデッサン練習30分

手のデッサン練習30分 No.5

自分に合ったクロッキー会をみつける

クロッキー会は、ファイン系の着衣モデルやヌードモデルだけでなく、ファッション系やイラスト系などのモデルさんが増えてきています。長く続けられるクロッキー会や教室をみつけてみてください。

全国のクロッキー会 一覧

デッサンの描き方と基礎技法-目次