デッサンと言う礎

ラファエル前派-アカデミック絵画を否定した世界

芸術って何だ!|デッサンと言う礎

ラファエル前派の主な人物

時代

19世紀半ば頃

主な場所

イギリス

■人物・団体

  • ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti, 1828年-1882年)
  • ジョン・エヴァレット・ミレイ(John Everett Millais, 1829年-1896年)
  • ホルマン・ハント(William Holman Hunt, 1827年-1910年)

  • 彼らが中心になって1848年結成した秘密結社的グループは「ラファエル前派兄弟団」と呼ばれます。

ラファエル前派の絵画の特色と様式

初期イタリア・ルネッサンスのラファエロ以前の絵画様式を規範としていて、ラファエロ以降のアカデミックな西洋絵画を否定していました。

ラファエル前派の絵画は、聖書や歴史、シェークスピアやダンテなどの文学が主題で、文学性・象徴性・神秘性が強い耽美的なリアリズムであることが特徴です。

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ,ベアタ・ベアトリクス, 1863年
[ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ,ベアタ・ベアトリクス, 1863年]

ラファエル前派の絵画様式のその後

イギリスのラファエル前派は、その後の象徴主義やアール・ヌーヴォーなどの終末芸術運動へ影響を与えています。

目次