デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法 デッサンと言う礎 | デッサンの描き方と基礎技法

透視図法が理解できる幾何形体のモチーフ

デッサン初心者は、はじめに形態を正確に描くためのモチーフである幾何学的な立体(幾何形体)を描くことをおススメします。

デッサン初心者は透視図法で幾何形体を描こう

デッサン初心者は、透視図法で対象の形を描く訓練をすることが重要です。

この訓練では幾何形体と呼ばれる立体を描いていきます。

透視図法で幾何形体を描くことで、3次元の空間的な広がりを理解することができます。

描くべき幾何形体はさまざまにありますが、はじめは直方体や立方体から描くようにします。

その後、じょじょに難しい形態を学んでいきますが、設計図のような図法を理解することとは違うので用意した幾何形体のモチーフと気楽に向き合って描いていきましょう。

円柱

円柱(デッサンのモチーフ)
円柱(デッサンのモチーフ)

直方体と立方体のモチーフを描くことができるようになったら、つぎに円柱が描けるように訓練しましょう。

このようなデッサンは、表現というよりも訓練に近いので、割り切って描き方を習得してください。

円柱が描ければ、ほとんどの幾何形体の形を描くことができるようになるので、円柱は必ず描けるようにしてください。

参考ページ

『円柱を透視図法で描く』

球体

球体(デッサンのモチーフ)
球体(デッサンのモチーフ)

球体はなだらかな面なので輪郭線を描いただけでは立体には感じられません。

陰影を描くことで球体のふくらみを表現することができますが、ここでは線を暫定的に描くことで球体がふくらんで見えることを理解してほしいと思います。

例えばテニスボールにある溝と同じような線を円の中に引くことで、ふくらみのある球体に見えてきます。

参考ページ

『球体を透視図法で描く』

おススメの幾何形体

木製 幾何形体

ひとつひとつのブロックは小さいですが、幾何形体の特徴が理解できるのでデッサンに役立つと思います。

石膏製 幾何形体

石膏製の幾何形体は絵画教室にモチーフとして設置されているものです。

木製と比較するとかなり重量があるので購入するときは慎重に選びましょう。

2022年3月21日執筆公開

デッサンの描き方と基礎技法-目次